転職への第一歩

50代での転職は厳しいのか?

50代の転職イメージ
50代での転職は厳しいのでしょうか?

他の年代に比べ、厳しいということは事実です。なぜ厳しいのかをまとめると

などが挙げられます。50代にもなると新しい環境で新しい仕事をしようとすると、いろいろな部分でかなりハードルが高くなると思っておいたほうが良いかもしれません。

私の部署にも50代の男性の同僚(派遣社員)がいましたが、上記の点が非常に当てはまっていて、飲み会などで料理がまずいと平気で言ったり、色々な部分で強いこだわりがあって素直に受け入れてもらえず、何かと気をつかうことが多かったです。年下に教えられるのが嫌なのか、何度言っても自分流の方法を変えてくれなかったのも気が滅入りました…。

ただ、50代には豊富な経験という強みがあり、キャリアさえあればいくらでも転職が可能であることも事実です。実際、私の会社にも50代で管理職として中途入社した方が何人もいますし、ちゃんとしたキャリアがあればいくらでもキャリアアップ、年収アップを目指して転職できると言えます。


50代の転職のハードルは下がっている

近年、団塊の世代の大量退職などで人手不足が顕著になっています。最近も外国人労働者受け入れについての議論がニュースになっていました。

人手不足による黒字倒産なども起こっており、転職市場はかつて無い売り手市場になっています。

こういった状況ですので、50代の転職も少しずつ改善の兆しはみられています。

参考 40代・50代でも遅くない!転職市場は“おじさん”の力を求めている(NHK「クローズアップ現代」)

50代に求められているのはキャリア

転職のハードルは下がってきてはいますが、転職市場で求められる50代の人物像はキャリアを積み重ねてきた人です。例えば、大きなプロジェクトの陣頭指揮をとったことがあるなど、具体的な大きなキャリアがある人は引く手あまたで、転職で更にキャリアアップすることも可能です。

他にも、50代の転職者に求められているものは、これまでの経験をもとにした「問題解決力」となります。体力的にも能力的にも若手社員にはかなわない50代が、唯一武器にできるのが経験であり、豊富な経験による問題解決力の高さがスキルとして必要とされているのです。

これまでにキャリアを積み重ねてきた人は、多くの失敗もしてきているでしょうから、その失敗の経験から学んだ問題解決力が武器になるわけです。

キャリアが無い人は今の会社で頑張ろう

50代の転職希望者の中には、大手企業にしか存在しない専門性の高い職種や公務員、銀行員をやり続けていたという人もいるでしょう。これらの仕事は個人差はありますが、転職市場に受け皿があまり多くない、いわゆるつぶしの効かない仕事と言えます。

そうでない人でも、あまり他の会社で使えそうなキャリアや経験を持ってないという方は、転職市場が大きくなって50代の転職のハードルが下がっているとは言えども転職するべきではありません。

これから資格を身につけて転職という方もいらっしゃいますが、50代から資格を身につけても、よほど需要の高い資格でなければ転職で使えるとは言いづらいのが現実です。宅建などは上手く行けば数ヶ月の勉強で資格取得可能ですが、50代で不動産業界に転職するのは非常に厳しいと言えるでしょう。

営業職などは、どこの業界でも使える非常につぶしの効くスキルと言えますが、会社の看板や肩書を失くしても活躍できるのか想像し、転職は慎重に行ってください。今の会社で頑張れる道は無いのかもう一度よく考えましょう

キャリアの洗い出しで自分の武器を見つける

キャリアに自信は持てないがどうしても転職したいと考えている50代の方は、まず自分のキャリアを丁寧に見つめ直してビジネスパーソンとしての強みを洗い出していくことが大切です。

50代にもなれば社会人経験もそれなりに積み重ねているものなので、自分では忘れていた小さな仕事なども意外な武器になるかもしれません。

また、自己分析で最近流行っているのが、ストレングスファインダーという強みを見つけ出す診断方法です。

専門の書籍も何冊もでていて、その本でも分析できますが、転職サイトのリクナビNEXTには『グッドポイント診断』というオンライン上で無料診断できるツールもありますので、本を買うお金がもったいないと思う人はそれで診断してみると良いでしょう。

無料でも18種類の項目から5種類の自分の強みを抽出するという、非常に本格的なものなのでおすすめです。

他におすすめなのが『ミイダス』という自分の市場価値を測定できる転職サイトです。

もし転職した場合、自分の年収はいくらぐらいになるのか?といったことや選考条件にマッチする求人数を測定してくれる転職サイトで、もちろん無料で利用できます。

ミイダスに会員登録すると面接確約オファー(書類選考パスと同じ)が届き、自分の好きなタイミングで応募できるので、とりあえず登録しておいて面接確約オファーが届いたら転職準備をしても良いでしょう。この会員登録は職務経歴書や履歴書の作成が不要なので、非常に気軽に利用できます。

意外な企業から面接確約オファーが届くかもしれませんので、会員登録だけでも早めに済ませておくことをおすすめします。

50代での転職は厳しいのか?まとめ

50代の転職事情について、リアルな意見を包み隠さずにご紹介しました。
まとめると

となります。

転職市場が空前の売り手市場になってるとは言え、50代の方の転職は他の年代の方々に比べて簡単なことではありません。そのため、よほどの事情がない限りは退職してからではなく、今の職場に保険を残した状態で転職活動を進めていくことが重要です。

今回ご紹介した転職サイトなども活用して、ご自身のこれまでの仕事を丁寧に見つめ直し、ビジネスパーソンとしての強みを洗い出していくことが転職への第一歩。

この記事がきっかけとなり、一人でも多くの50代の方が転職する、しないに関係なく、いっそう充実した仕事人生を手にしていくことを心から祈っています。